Monthly Archives: 8月 2017

サービス内容について

専門家である税理士に相続相談をすることで、実際どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的なサービス内容について、ご紹介します。実際は税理士事務所それぞれで細かく内容を決めているので、かならずしもすべての相談で下記が該当するとは限りませんが、参考にしてみてください。

たとえば、税金支払いを安くしたいケースです。同じ相続内容であっても、税理士次第で安くできる場合もあります。相続税を1円でも安くしたいと考えるのであれば、有効な選択肢となることでしょう。

次に、親族間での人間関係を円滑にしたい場合です。前述でも紹介している通り、相続においては何かといざこざが起きやすいです。財産分配、マイナスの遺産相続など、損得に直接的にかかわる部分が多いためです。専門家であり第三者である税理士に任せれば、スムーズな手続きが期待できます。個人では難しい不動産の扱いについても、助かります。評価や計算を専門的な観点からおこなってもらうことで、明確な見積もりができます。

また、相続相談はあくまで相談なので、シンプルに質問ができるという点でも魅力的です。相続税対策の内容を知りたい、生前贈与と贈与税の違いを質問したいなど、ちょっとした疑問の解決においても役立ちます。プロの視点をうまく活用して、不安を取り除いてみてください。

税理士に頼んで安心

そもそも、相続は個人だけで実現できないというのが実際のところです。不動産であれば登記が必要である、財産分配であれば税金支払いが伴うなど、有資格者による作業が欠かせない部分も複数伴うためです。

主な相談先としては、税理士のほか弁護士や司法書士、行政書士などが挙げられます。税理士については、その名の通り税の支払いを得意とする専門家といえます。相続相談全体について対応してくれるケースも少なくありませんが、特に税について気になる場合は、心強い存在となることでしょう。

相続問題に関連する税といえば、相続税や贈与税が代表的です。特に問題となりやすいのは、複数の権利者がいる場合のある相続税です。これは相続が発生すえるケースの4~8%ほどの人が支払い義務を有する存在となっています。該当するようであれば、正式な手続きを経てしっかり収めるようにしましょう。税理士に相談しておけば、その点安心です。

相続税と名がついているにもかかわらず、なぜすべてのケースで発生しないかといえば、法的なルールが伴うためです。確かに相続の税金という意味合いで使われる言葉ですが、最低でも3,600万円超の財産がなければ支払い義務は発生しないというのが実際のところです。さらに、このルールに該当していてもなお、すべての場合相続税支払いが発生するわけでもありません。いずれにおいても事前に税理士へ相談しておくことで、安心の手続きがおこなえます。

個人でするべきでない

遺産相続は、税理士などのプロに相談するべきです。残った遺産を分配するというシンプルな作業であるからといって、個人のみで判断するのは危険であるためです。

たとえば冒頭でも触れていますが、遺産はもらえるものばかりでなく、マイナスに繋がるものもあるためです。個人が借金をしていた、損害賠償責任を求められていたといった場合は、本人が死亡してもなおその事実は失われません。残された者で責任をまっとうしなければならないのです。ところが、金銭の支払いをしなければならない責任を好んで背負いたいという人など基本的にいないので、誰が相続するかで問題に発展しやすくなります

次に、故人に近しい人間で話がまとまっていても、他にも相続権利を持つ人がいる場合は気をつけなくてはなりません。相続財産は相続人全員の財産であるため、正式に分配が確定するまではすべての人の持ち物として取り扱われます。つまり、独占することも処分することもできない状態なのです。あとあと相続の話題が再燃したとき、正式に対処しなかった人物にさらなる責任がかかるかもしれません。こうしたこともまた、個人ですべきでない理由です。

話がまとまらない場合、最悪裁判にも発展します。法的に裁かれることも視野に入れておかなくてはならないのです。国家資格を持つ税理士に相続相談して、安心感のある相続が実現できるよう心がけるべきです。

プロに任せる相続相談

相続と聞けば、どのような印象を受けるでしょうか。基本的には、遺産分配が有名かもしれません。テレビドラマや映画の中でも、個人の財産相続を巡ってひと波乱起こるといった展開は数多く描かれています。ですがその際、親族とは関係のない第三者が加わっているケースも少なくありません。あれこそが、相続に関するプロです。なぜなら、相続はただただ遺された財産を分けるだけの作業でなく、複雑な内容が伴うためです。

貴重品や金銭のみなら、身内だけでも分配できるかもしれません。もちろん、額が高額になったり、思い入れある品を扱うともなったりすれば問題が起こる可能性もありますが、平等に分けるとなればスムーズでしょう。ですが、遺産相続は財産分配だけでもありません。むしろ、金銭を支払わなければならないケースすらあります。マイナスを被る遺産を好んで引き継ぐ人はそういません。公平な立場の第三者によって、正しく扱われるべきです。

では誰に依頼すればいいのかという話になってきますが、もちろん第三者なら誰もいいというわけでもありません。専門の資格も必要となってくるので、専門家に依頼するのが一般的です。いくつかの選択肢はありますが、税理士は中でも信頼して任せられる存在に感じられます。相続相談について検討するなら、税理士への依頼を考えると良いでしょう。今回は、そんな税理士に相続相談した場合、どのようなサービスが受けられるのかをまとめています。不安な人は、ぜひご一読ください。

Back to Top