個人でするべきでない

遺産相続は、税理士などのプロに相談するべきです。残った遺産を分配するというシンプルな作業であるからといって、個人のみで判断するのは危険であるためです。

たとえば冒頭でも触れていますが、遺産はもらえるものばかりでなく、マイナスに繋がるものもあるためです。個人が借金をしていた、損害賠償責任を求められていたといった場合は、本人が死亡してもなおその事実は失われません。残された者で責任をまっとうしなければならないのです。ところが、金銭の支払いをしなければならない責任を好んで背負いたいという人など基本的にいないので、誰が相続するかで問題に発展しやすくなります

次に、故人に近しい人間で話がまとまっていても、他にも相続権利を持つ人がいる場合は気をつけなくてはなりません。相続財産は相続人全員の財産であるため、正式に分配が確定するまではすべての人の持ち物として取り扱われます。つまり、独占することも処分することもできない状態なのです。あとあと相続の話題が再燃したとき、正式に対処しなかった人物にさらなる責任がかかるかもしれません。こうしたこともまた、個人ですべきでない理由です。

話がまとまらない場合、最悪裁判にも発展します。法的に裁かれることも視野に入れておかなくてはならないのです。国家資格を持つ税理士に相続相談して、安心感のある相続が実現できるよう心がけるべきです。


Back to Top